新聞配達アルバイトの時給相場はいくらくらいか?

ch02011

新聞配達の時給は深夜なので女性でも1000円~1200円と結構もらえる(あくまで目安)

管理人もアルバイトはいろいろやってきた。某黒い猫の仕分け作業から、工場のピッキング、はたまた飲食店の厨房から引越し作業まで。その中でも一番時給換算で高くもらえたアルバイトが新聞配達だ

ただし新聞配達の給料は、正確にいうと時給換算の計算ではなく

 

配達する部数

 

でかわる

新聞配達は何時間くらいかかるの?1部あたりいくらもらえるの?

管理人の経験上100部で一時間かかり、一部10円っていう感じだ

 

つまり300部の区域を担当したら3時間かかり、3000円もらえる感じ
(それに折込手当がつき少し給料に足される)

 

だから新聞配達はどの区域を担当するかでキツさ、給料が大きくかわる

 

もちろん例外的に400部でもマンションの手入れで数百部消せる楽な区域もあるし、200部の区域でも階段だらけで400部より体力的にキツいタフな区域もあるので一概にはいえないが、おおむね部数が多い区域のほうが時間もかかり、給料がおおくもらえると考えていい

 

ただし、部数で変わっても配達時間によって給料はかわらない

 

つまり同じ区域を5時間かけて配ったとしても2時間でくばれた人と同じ給料しかもらえない

そこがコンビニアルバイトや工場ピッキングバイトと一番異なる点だ。

 

タイムカード押さずに無駄な時間を過ごした所で貰える給料はかわらないのだ

新聞配達員による時給差

店側はこの部数であればどの程度の時間で終わるか計算して区域分けをしている

前述のように部数が増えるほど時間もかかる。配達する部数が多ければ給料も増えるのは間違いない。だが人によって配達するスピード・折込チラシを入れるスピードが違うため、スキルがある新聞配達員は平均的な配達員よりはやく配り終わる。従って時給換算で高くなる


だから人によって時給はまちまち

とおぼえておこう

求人広告にあるような時給は目安なので、時給よりも

何部配るか

を聞いておくといい。

配るのが遅い初心者の時期はどうしても時給換算では低くなる

 

区域によって当たり外れがある

辛いのに10万の区域もあればめっちゃ楽な区域でも10万とか普通にある

管理人はどれだけ走って配っても終わるのが6時という辛すぎる区域で10万しか貰えなかった時期もあれば、4時におわる楽な区域で同じ給料もらえてた時がある。前者と後者ではそこまで部数はかわらなかった、とにかく前者は階段が多かったのだ。

 

部数の多さよりも、階段が多い区域が配達員に嫌われる傾向が強い

 

階段が多いと一部あたりの時間もかかるし、とにかく疲れる。バイクを下りずに新聞を投函できる家ばかりだと、たとえ部数が多くてもそこまで苦にならない。後者はそーいう区域だった。従って同じ部数の区域でも意味で当たり外れが激しいのが新聞配達という仕事だ。

もし入りたてであまりにも外れ区域の担当になった場合

思い切って別の販売店に鞍替えしてもいいかもしれない

スポンサーリンク

 

新聞配達という仕事、順路教えれば小学生でも出来る仕事だ。一日単位なら誰でもできる、ただ長く続けるのが難しいのだ。とにかくやる気がない状態では長く続かない。雷雨や台風、大雪という悪天候の日も出なきゃいけない過酷な仕事であり、最悪な日に飛ばれるより、事前申告してやめてもらったほうが両者のためだ。

 

一番やっちゃいけないのは飛んじゃうこと(飛ぶ=バックレ)だから、それだけはやめよう

 

ま、区域の当たり外れより、販売店の当たり外れが一番厄介なんだけどね・・・

まとめると

 

  • 時給換算じゃなく、配達する部数で給料はかわる
  • 配達員によって時給差がうまれる
  • 区域には当たり外れがある

 

面接時に何部で何万の区域を担当することになるかあらかじめ質問するのをオススメする

スポンサーリンク

コメントを残す