地獄の台風配達 【新聞屋が憂鬱になる日】

typhoon

新聞配達員はどんな日でも欠配が許されない

 

ほかのアルバイトなら「今日ちょっと体調が」と休めるような悪天候の日でも我慢して配達をしなければならないのだ。大雨だろうが大雪だろうが台風が来ようが年末だろうが元旦だろうがほかの客商売が休みの日でも新聞屋だけは休まず営業する。

 

一日一日の仕事は楽だが、継続するのが難しい。それが新聞配達である。

 

以前かいた記事で → 配達をしてきてで最も辛かった日を大雪の日 と書いたが、都会の販売店で働いてるときの台風デーもハードだった

 

今日は台風の日の配達について書いていきたい。 「地獄の台風配達 【新聞屋が憂鬱になる日】」の続きを読む…