月始めに不着が増える理由とは

tukihajime1

新聞配達をはじめてしばらくたつと、月もかわってくるはずだ

月末締めの給料がもらえるまで心はウキウキするだろう

 

ところが月始めは読者がかわる。そうなると色々と困ることがある

 

基本的にお客さんが新聞をとるのは月ごとの契約なので月替わりで契約が終わる人、新規の読者になる人が増えたり配達順路が色々動くのだ。ぜんぜん増えない月もあれば、1月や4月の新年度に2,30件ドバっと増える月もある。まあ、地域や月によって特色があるだろう

 

順路帳を手放しても配れるようになった初心者の場合、また新しく覚えなきゃいけない

管理人みたいな10年戦士でも月始めは配らなきゃいけないところに意識をするあまり、今までの読者に不着をしてしまったりヘマをやらかす。このように月始めは注意が必要なのだ

 

今回はそれの注意点や対策について考えよう 「月始めに不着が増える理由とは」の続きを読む…

新聞配達員の不着や誤配を防ぐコツとは

81761b5753e676bd93b766b983644489_s

順路を覚えたら先輩の手から離れ

独りで新聞を配達をすることになる

 

配達のコツは

 

時間にゆとりを持って配れ

 

ってのが一番

 

慌てたり、焦りがあると、誤配や不着が確実に増える。

新人くんは多少の遅配は許してもらえるので、慌てず一部一部入れていくことを心がけよう。1ヶ月、2ヶ月たてば必ず配達速度は早くなる。最初は人が寝てる深夜に起きてなきゃ行けない新聞屋の生活習慣を身体に慣れさせることが肝心だ。寝坊すると焦るし眠いしで不着も増える、なるべく早く起きて仕事に行こう。

 

雨が降る日までに順路を手放せると楽になるぞ
「新聞配達員の不着や誤配を防ぐコツとは」の続きを読む…