寒い!キツい冬の新聞配達アルバイトを攻略するコツとは

配達員のだれもが嫌がる冬の季節到来だ。

管理人は新聞配達を10年やってきたが、去年いっぱいで卒業した。

やめたといっても二度とやらないと心に決めたわけではない。

ウザイ専業さんとの人間関係こそ煩わしかったが

新聞配達という仕事自体は今でも好きだ。

4時頃ふと目が覚めて道路からかっ飛ばすカブのエンジン音を聞くたび

「あぁ、またやりたいなぁ」

と思うことがよくある。

初夏の涼しい朝方、空いてる道路を汗だくのシャツに風をあてながらかっ飛ばす気持ちよさは新聞配達員ならではだろう。

「一日かわってくれない?」

と現役配達員にいわれたら、一週間程度なら代配してもいい。

だが冬なら御免こうむる。

なぜなら冬の新聞配達は地獄だからだ。

春先新人アルバイトがまず洗礼を浴びるのが雨の日、そして半年がたって慣れたときに心が折れるのが冬の新聞配達だろう。

今日はそんな地獄の冬季新聞配達の攻略法について触れてみよう。 「寒い!キツい冬の新聞配達アルバイトを攻略するコツとは」の続きを読む