知っておきたい夏の新聞配達の良い点と悪い点

8月の夏休み期間であっても新聞配達員は休まず配達しなければいけない。

専業さんの中には長期休暇を取る人もあるが、アルバイトは基本的に盆時期も休まず通常通りのスケジュールで配達をこなす。

管理人は7,8月の配達はそんな好きじゃない。個人的に4月と10月が好きだ。

 

ただ、夏季ならではのいい面もあったのは覚えている。

 

今回は管理人が過去の8月の配達の中で感じた良い点悪い点を紹介してこの夏場に新聞配達をしようとする人たち向けに助言をしてみたいと思う。 「知っておきたい夏の新聞配達の良い点と悪い点」の続きを読む

夏休みに新聞配達する高校生が知っておくべき3つのこと

世間は夏休みシーズンだ。

新聞配達なんぞジジイでもできるだろ、と安易な気持ちで新聞配達をやろうとしている高校生はいないだろうか?

確かに新聞配達は誰でもできる。だがクソあつい夏の新聞配達は過酷なのだ。

身体を突き刺すような寒さの冬配達もキツいもんだが、猛暑の新聞配達もそりゃキツい。

管理人は朝刊夕刊を住み込みで配っていたので、毎年夏の暑さにヘバって自分なりに工夫しながら暑さをしのいでいた。

今回は夏の高校生アルバイト諸君の新聞配達を楽にするために、10年新聞配達をしてきた管理人が高校生の夏休みアルバイターに向けて3つの提言を紹介したい。

「夏休みに新聞配達する高校生が知っておくべき3つのこと」の続きを読む

キツい雪の新聞配達を克服する攻略法とは

年が明けた。

チラシが分厚く、何時間もかけて元旦の新聞配達をした新人クンも専業さんも無事に元旦配達が終わり一安心だろう。

まずはお疲れ様と声をかけてあげたい。

しかし忘れてはならない。

日本は一月二月が最も寒くなる

寒さが大敵の配達員にとって、ここからが本当の地獄といえる。

日々の寒さもキツイが、冬配達を代表するのキツさが雪の日配達だろう。

成人式を迎える時期から関東各地でも雪が降る。

この雪の新聞配達がなかなか厄介だ。

管理人は4年前の関東大雪のせいで雪の配達がトラウマになっている。

転倒を繰り返しながら走る雪道、視界を遮る牡丹雪、ポストを包み隠してしまう積雪。

週間天気予報に雪マークがあるだけで地獄の大雪配達を思い出し、胃が痛くなる。

10年配達をしてきたが、あれほどの地獄の配達はなかった。

元旦以上のハードさと言っても過言ではないだろう。

前に一度、その日のレポート記事を書いたが、具体的な雪の攻略法については触れていない。

今回は、雪の新聞配達で初心者に伝えておきたいポイント・攻略法について伝授したい。

「キツい雪の新聞配達を克服する攻略法とは」の続きを読む

寒い!キツい冬の新聞配達アルバイトを攻略するコツとは

配達員のだれもが嫌がる冬の季節到来だ。

管理人は新聞配達を10年やってきたが、去年いっぱいで卒業した。

やめたといっても二度とやらないと心に決めたわけではない。

ウザイ専業さんとの人間関係こそ煩わしかったが

新聞配達という仕事自体は今でも好きだ。

4時頃ふと目が覚めて道路からかっ飛ばすカブのエンジン音を聞くたび

「あぁ、またやりたいなぁ」

と思うことがよくある。

初夏の涼しい朝方、空いてる道路を汗だくのシャツに風をあてながらかっ飛ばす気持ちよさは新聞配達員ならではだろう。

「一日かわってくれない?」

と現役配達員にいわれたら、一週間程度なら代配してもいい。

だが冬なら御免こうむる。

なぜなら冬の新聞配達は地獄だからだ。

春先新人アルバイトがまず洗礼を浴びるのが雨の日、そして半年がたって慣れたときに心が折れるのが冬の新聞配達だろう。

今日はそんな地獄の冬季新聞配達の攻略法について触れてみよう。 「寒い!キツい冬の新聞配達アルバイトを攻略するコツとは」の続きを読む

新聞配達アルバイト 選挙開票日の配達で注意しなければいけない点とは

安倍晋三総理大臣が衆院を解散をした。

投開票は10月22日。

日々新聞を配達するアルバイトをしていながら、紙面を飾る政治ネタに興味ナシ、そんな人もいるだろう。

管理人もたいして興味ない。

誰に投票したって同じだろうと選挙に行かない人もいるし

仕事だから投票行く時間がとれない、そんな人もいる。

それらについてはここでは何も言うまい。

しかしこれだけは覚えておこう

新聞屋の人間は選挙に無関心でいられても、無関係ではいられない。

新聞は速報で選挙結果を伝えなくてはいけないため、選挙日は特別な日になることは知っておく必要がある。

選挙の当日は普段と違う新聞配達スケジュールとなり、不着や誤配、事故を起こしやすいので注意しなくてはいけないのだ。

今回は選挙開票日における新聞配達の注意点について解説したい。

「新聞配達アルバイト 選挙開票日の配達で注意しなければいけない点とは」の続きを読む

【ポケモンGO】ツライ新聞配達アルバイトを10倍楽しくする方法とは

管理人はファミコン世代だ。

ファミコンとともに成長をしてきた世代である。

ドラクエの発売日は近くのおもちゃ屋に並んでわくわくしながら並んだし

燃えプロのバントでホームランには腹を抱えて笑った。

ファミマガのウソテクを信じ込んでずっとコマンド入力したり、FFのしんりゅうが倒せなくて友達と冬休みをつぶしてプレイしていた世代だ。このサイトに来る人はもうちょっと若い世代だろうか、それとも共感をおぼえる同世代だろうか。

青春時代はインターネットもなかったしパソコンも携帯電話もなかったが、ファミコンと週刊少年ジャンプがあればそれでよかった

そんな管理人だがポケットモンスターが全盛期の頃にはパチ屋にはまってしまいポケモンどころかゲームから離れてしまった。パチ屋に入り浸るようになり、あれだけ面白かったゲームが楽しめなくなってしまっていた。そんな管理人が10数年ぶりに熱中してしまったゲーム

それがポケモンGOだ

このポケモンGO、新聞配達をめちゃくちゃ面白くしてくれるゲームなのだ。

今回は新聞配達アルバイトとポケモンGOについてのお話だ
「【ポケモンGO】ツライ新聞配達アルバイトを10倍楽しくする方法とは」の続きを読む

新聞配達員はどこまで交通ルールを破ったら警察官に止められるのか

交通ルールを破ってはいけない

小学生でも知ってることだ。

 

破れば警察に止められる

 

管理人はオートバイが好きなので昔はネイキッドバイクを乗っていた(昔の少年マガジンとかに出てきそうな暴走族が好むようなやつ)それをブイブイいわせながら走っていたとき、よくおまわりさんに止められた。

 

もっとも特に違反も違法改造もしてないので止められただけだが

 

配達員だって例外じゃなく、歩道を走行したり、逆走したり、ノーヘルで走ってたら普通はだめ。だが郵便・新聞配達は多少大目に見てもらえるというのが一般人の間にも浸透している。

 

果たしてそれは本当だろうか?

 

管理人なりの見解をまとめてみる

「新聞配達員はどこまで交通ルールを破ったら警察官に止められるのか」の続きを読む

新聞配達員を困らす生物たち

管理人は動物が好きだ。

特にコーギーを好む

といってもマンションで飼えないのでユーチューブでコーギーおもしろ動画などをみて和んでいる。犬や猫系の日常系の動画は非常にいい。落ち込んだ時にみると癒される。

それと野鳥好きだ。

他人にはわからないだろうが巣箱カメラの映像は非常に面白い。シジュウカラやアオガラの観察動画を日本のみならず海外から探しては映像を垂れ流す。抱卵から給餌、巣立ちまでの成長はとてもおもしろく、時間を忘れて見入ってしまう。

最近はすっかりテレビをみなくなったが、BBCやナショナルジオグラフィックなどの動物系ドキュメンタリーは非常に面白い。ま、生き物全般が好きなのだ。

だが時に生き物は配達員を困らす厄介な存在となる

今日は新聞配達と厄介な生き物とのトラブルについての話だ 「新聞配達員を困らす生物たち」の続きを読む

新聞配達が一番大変な日、元旦

世間では正月といえば明るいイメージだ。

その年の豊穣を司る歳神様を迎えるため門松や鏡餅を飾って、家族みんなが元気で暮らせるように約束をする

年の瀬にもなれば暮れに家族親戚であつまって皆で紅白をみたり、年が明けたら子供達はお年玉をもらったり、恋人同士なら初日の出をみたり初詣に行ったり、仕事に追われたお父さんも正月くらいはゆっくり休んで朝からテレビをみる

とにかく正月はみんなが笑顔のイメージだ

だが新聞配達員は正月に明るいイメージはない

なぜなら一年で一番苦労するのが元旦配達だからだ

今日は元旦について軽く触れていきたい 「新聞配達が一番大変な日、元旦」の続きを読む

こんな配達員はお客さんに嫌がられる

配達員はなるべくはやく新聞を届けるのがベターだ

遅配はクレームの原因になるし、明るくなると人や車の往来も増えるので交通事故を未然に防ぐのも大事。早く配達を終わらせて風呂はいって朝日を浴びる前に寝たほうが睡眠も捗る

いずれにしろ早く配達を終わらせるにこしたことはないのだ

だが早くしよう早くしようと思うあまり配達が粗雑になってしまうとこれはこれで問題だ

以前  こんな家は配達員に嫌がられる  という記事で、お客さんにたいして偉そうに書いてしまったが、配達員だってお客さんに嫌がれる配達をしていることはある。

なんならそっちのほうが多いだろう

今回はこーいう配達員は嫌がられるという管理人厳選の5つを紹介したい

「こんな配達員はお客さんに嫌がられる」の続きを読む